世界骨粗鬆症デー WOD

毎年10月20日は世界骨粗鬆症デー(World Osteoporosis Day)

当財団の活動

プレスセミナー「世界骨粗鬆症デーにむけて」開催 (平成27年10月9日)
・啓発ポスター(世界骨粗鬆症デー、栄養)の制作
・市民公開講座の開催(10月25日(日) 東京品川)

啓発用映像広告

啓発ポスター

wod2015
2015年

wod2015
2015年(栄養)

wod2014
2014年

wod2013
2013年

wod2012
2012年

wod2011
2011年

wod2010
2010年

 

設立のいわれ

世界骨粗鬆症デー(WOD)は、英国骨粗鬆症学会が1996年10月20日に骨粗鬆症の啓発を目的に創設したものを1997年に国際骨粗鬆症財団(IOF)が引き継ぎ、「世界から骨粗鬆症による骨折をなくす」ことを目標に地球規模で展開しています。

IOF(国際骨粗鬆症財団 International Osteoporosis Foundation)の取組み

IOFは世界の90ヶ国以上で患者会を通して骨粗鬆症と骨代謝疾患の予防、診断、治療に対する認知度を高めるため、世界骨粗鬆症デー・キャンペーンを行っています。1999年以降は、世界骨粗鬆症デーの統一テーマを掲げ、年間を通して活動しています。

※IOF統一テーマ(英語):IOFホームページより(http://www.iofbonehealth.org/
2015年 Serve Up Bone Strength
2014年 REAL MEN Build Their Strength From Within
2013年 Postmenopausal women and their bone health
2012年 Stop at One; Make Your First Break Your Last
2011年 3 Steps to Unbreakable Bones: Vitamin D, Calcium and Exercise

 

骨粗鬆症財団の取組み

骨粗鬆症財団では2008年より日本国内での世界骨粗鬆症デーの活動に注力しています。
(啓発ポスターの作成、市民公開講座の開催、大型ビジョンでのVTR放映など)

 

その他の関連する日

・10月8日「骨と関節の日」(日本整形外科学会)
・10月10日「転倒予防の日」(日本転倒予防学会)

このページのTOPへ