第11回(平成30年度)旭化成研究助成プログラム(骨粗鬆症とそれを取り巻く諸問題)

序文

このプログラムは、骨粗鬆症とそれを取り巻く諸問題に対する臨床研究プロジェクトの発展・推進を図ることを目的として企画されたものです。


研究助成の選考

公益財団法人骨粗鬆症財団の選考委員会で採択された8名に研究助成が行われます。


応募要項

研究助成志願者は研究者で、研究助成対象は日本国内での骨粗鬆症とそれを取り巻く下記のテーマに関する臨床研究に限ります(受付期間:2017年9月1日〜2017年10月31日)
 募集テーマ:下記のいずれかより選択
  1)日本国内での骨粗鬆症のQOL
  2)骨粗鬆症とロコモティブシンドローム
  3)骨粗鬆症に関する地域医療への取り組み
  4)骨粗鬆症に関する他職種連携(チーム医療)への取り組み
  5)骨粗鬆症に関する医療経済研究


受賞者の義務

受賞者は旭化成ファーマ株式会社に対する特別な義務は一切ありません。助成を受けた研究者は、研究終了後、その成果について、報告する義務を負います。報告形式等については、別途詳細を連絡致します。


給付内容

研究助成金は研究課題1件について50万円とし、年間助成件数は8件までとします。研究期間は2018年4月より1年間です。


応募方法

所定の応募申請書を用いて応募ください。
応募申請書は下記の「Word」アイコンをクリックしてダウンロードしてください。

応募は原則としてEメールにて骨粗鬆症財団宛にご応募ください。
やむをえない事情がある場合は郵送でも受付けます。
(受付期間 2017年9月1日~2017年10月31日)

 


このページのTOPへ