第25回(平成29年度)財団研究助成選考結果

選考委員

井上大輔、岩本 潤、竹田 秀、寺内公一

選考方法

応募書類から応募者の属性を削除し、4名の選考委員によるブラインド審査で、下記4項目(各5点、合計20点満点)を評価し、それを基に助成対象者を選出した。尚、選考委員が所属する施設から応募された書類に対する選考委員の採点は除外した。
(1)独創性・新規性 (2)将来性・発展性 (3)遂行可能性 (4)骨粗鬆症研究への貢献性

応募総数(募集期間:平成28年11月1日~平成28年12月25日)

一般課題(臨床)24件、 一般課題(基礎) 6件
指定課題 4件(1件取り下げ)

助成金額

一般課題60万円、指定課題100万円

課題 所属 氏名
 一般

骨粗鬆症治療への応用を目指した骨親和性蛋白質医薬品の開発

九州大学大学院薬学研究院 創薬科学

麻生 真理子

慢性腎臓病患者に発生するミネラル結晶及びコラーゲン分子の組織化障害と骨強度特性の変化

北海道大学大学院 医学研究科 整形外科学分野

高畑 雅彦

運動器リハビリテーションが骨粗鬆症だけで無く健康寿命の延伸に影響する-大規模住民検診におけるAGE(終末糖化産物)と骨粗鬆症、サルコペニアの関連の検討

和歌山県立医科大学附属病院紀北分院 脊椎ケアセンター 寺口 真年

骨密度と大脳深部白質病変および認知機能低下の関連についての検討

東京大学医学部附属病院 検診部 松本 ルミネ
ペリオスチンと骨粗鬆症の関係について

 

佐賀大学 整形外科 森本 忠嗣
指定 妊娠後骨粗鬆症に起因する脆弱性骨折に関する疫学調査 東京医科歯科大学医学部附属病院クオリティマネジメントセンター 鳥羽 三佳代
骨粗鬆症性椎体骨折と脊柱後彎症の因果関係の解明を目的とした都市圏大規模高齢者コホート研究 大阪市立大学大学院医学研究科 整形外科教室 星野 雅俊

(敬称略、氏名は50音順)


このページのTOPへ