金沢骨を守る会

北陸地区における骨粗しょう症の予防・診断・治療の啓発活動として骨粗鬆症財団の公認を受け国内で7番目の「骨を守る会」として、「金沢骨を守る会」を本学に設立いたしました。 本学は、石川県金沢市に34年前に北陸地方では唯一の私立薬学部として創立いたしました。 私も本学に平成20年4月に教授として着任し、骨粗しょう症分野でわずかではありますが、研究面でもどうにか活動し始めています。 この機会に、何かこの地で薬学部としての特色を発揮できることはないかと思案し、私ごとき若輩が僭越ではありますが本学を中心に骨粗しょう症の啓発活動を行いたく活動も開始した次第です。 この金沢(北陸地区)は、年間の日照時間が短いため野外での運動量が少ない、小魚などを食する習慣がないなどの問題も抱えており、骨粗しょう症克服のためには本疾患の啓発活動が重要な意義を持つものと固く信じております。 平成21年10月1日      金沢骨を守る会 代表 三浦雅一(北陸大学薬学部長・教授) 

金沢骨を守る会からのおしらせ

タイトルをクリックすると、各記事の詳細開きます。

日時:平成30年3月21日(水・祝日) 14時〜、場所:北國新聞 赤羽ホール、入場無料

第9回金沢骨を守る会 市民フォーラム ストップ・ザ・骨粗しょう症

詳細はこちらをご覧ください


日時:2017年3月20日(月・祝)14時〜16時半(受付開始:12時半〜) 北國新聞 赤羽ホール

第8回 金沢骨を守る会 市民フォーラム ストップ・ザ・骨粗しょう症

詳細はこちらをご覧ください


開催日:平成28年3月21日(月・祝日) 場所:北國新聞赤羽ホール

第7回 金沢骨を守る会市民フォーラム「ストップ・ザ・骨粗しょう症」

詳細はこちらをご覧ください




このページのTOPへ