認定NPO法人 京滋骨を守る会

「京滋骨を守る会」は、骨粗鬆症患者と一般市民を対象として、骨粗鬆症に対する理解を深め、骨粗鬆症による骨折を防ぐことを目的として、2011年11月に発足しました。2012年4月に特定非営利活動法人格を、2016年3月に認定特定非営利活動法人の認定を受けて、現在に至っております。
 活動方針は、あくまでも患者、一般市民、コメディカルを対象として啓発活動を行うものとされ、その為、会の役員には、医療を受ける側の代表が加わっており、企画は骨粗鬆症患者や一般市民を中心に計画され、医療者側はそれを支える立場を守っています。
 これまでの事業は、骨粗鬆症やロコモ、サルコペニア、フレイルへの理解を深め、骨粗鬆症による骨折を防ぎ、健康寿命の延伸を目的として、定期的な一般市民を対象とする講演会、料理教室、運動講習会、広報誌発刊や、地域の骨粗鬆症検診事業などを行い、更に、医療従事者に対する専門分野の研修(診療放射線技師、管理栄養士など)を行なって来ました。
 今後も、患者、一般市民を企画の中心に据えた活動を続ける方針です。

認定NPO法人 京滋骨を守る会 代表 森田 睦司

  認定NPO法人の「貸借対照表」の公告は、法改正により法務局への届出からホ-ムペ-ジへの掲載へと変更となったため、次に「貸借対照表」を掲載させていただきます。

平成29年度貸借対照表


京滋骨を守る会からのおしらせ

タイトルをクリックすると、各記事の詳細が開きます。

日時:2018年11月17日(土) 13時半〜(骨密度測定コーナー;10時〜16時)、KBSホール、入場無料

第8回 京滋骨を守る会 講演会

詳細はこちらをご覧ください


日時:平成29年11月23日(木・祝) 13時30分〜16時20分(開場・受付:10時〜)、場所:KBSホール、定員500名、参加費無料

第7回 京滋骨を守る会 講演会

詳細はこちらをご覧ください





このページのTOPへ