札幌骨を守る会

札幌骨を守る会


札幌骨を守る会

札幌骨を守る会は、2008年に整形外科医を中心に設立いたしました。

活動内容は、骨粗鬆症、ロコモティブシンドローム(ロコモ)などの運動器疾患に関する講演、骨量測定会、骨折リスクの判定(FRAX)、ロコモのチェックとトレーニングの紹介を行ってきました。これまでに、北海道内の7市町で24回の市民講座を開催しました。

骨粗鬆症財団の調査では、北海道は骨粗鬆症の検診受診率が低く、啓発活動はとても重要であると考えます。そのため、当会では市民講座を可能な限り多くの市町村で開催していく方針でおります。

本会の活動が地域の骨粗鬆症検診の受診率の向上、骨粗鬆症治療の継続の一助になれば幸いです。


札幌骨を守る会からのおしらせ

タイトルをクリックすると、各記事の詳細が開きます。

開催日時:2018年11月11日(日)10時〜、場所:るもい健康の駅(参加は無料です。事前予約をお願いします。電話:0164-43-8121/るもい健康の駅)

骨粗鬆症講演会のお知らせ(札幌骨を守る会)

詳細はこちらをご覧ください


会期:2017年9月19日(火)〜9月22日(金)、開催場所:るもい健康の駅 入場無料

市民啓発活動 コホートピアウィークのお知らせ(札幌骨を守る会)

詳細はこちらをご覧ください


日時:2017年10月4日(水) 13時半〜15時半、場所:札幌全日空ホテル 24階 白楊 【入場無料】

市民公開講座のお知らせ(札幌骨を守る会)

詳細はこちらをご覧ください


日時:平成28年10月1日(土)10時〜、場所:るもい健康の駅

札幌骨を守る会 市民公開講座 ご案内(終了しました)

詳細はこちらをご覧ください






このページのTOPへ