どんな検査をするの?

骨粗鬆症検診は何歳くらいから受けたらよいのですか?

女性では50歳くらいから骨量が低下し始めます。閉経後は原則として1年に1回ずつ測定するとよいでしょう。1年間に3%以上の減少があるときには、医師の診察を受け、半年に1回ずつ測定をします。このとき治療を受けることもあります。

骨量は20代から40代後半まであまり変化をしませんから、できればその間に一度測定をして、自分の若いときの骨量を知っておくと、老年期になってから役に立ちます。また、40~70歳(5歳刻み)の女性を対象に骨粗鬆症検診が行われています。

男性は寝たきりが長かったり、胃腸・腎臓障害などがなければ、70代までは測定の必要はありません。男女とも70代以降は2年おきくらいに測定するのが望ましいでしょう。


骨粗鬆症の検診を受けてみたいのですが、どこへ行ったらよいのでしょうか?

まずお住まいの近くの保健センターや保健所に問い合わせてください。また、自治体の行う検診の予定は広報誌に載りますから、注意してみていてください。 現在国が行っている公的な検診は、40、50、55、60、65、70歳の女性を対象にした節目検診があります。これらはいずれも保健センターや保健所、指定医療機関で受けることができます。

それ以外の人たちが検診を受けられないと困るので、多くの市町村では独自の骨粗鬆症対策を行っています。

また、民間の医療機関でも、検査機器を置いてあるところでは骨量の測定ができます。測定日などについて受付でお尋ねになるとよいでしょう。


市町村の検診では、どのようなことをするのですか?

生活習慣や食事内容を書き込む問診表の提出と、測定機器による骨量検査を主に行います。検査の結果は、後日通知が届きます。

骨粗鬆症の有無を検診したのち、正常者には簡単なお話を、要指導者には栄養・運動指導を、要精検者には医療機関を紹介する、といった体制をとっているのが一般的です。

東京都の健康に関する調査によりますと、40-60歳代女性の8割以上が骨粗鬆症に関心をもち、そのうちの半数以上が骨検診を望んでいます。


骨の量はどのくらい減ったら危険ですか?

危険か危険でないかは、骨の量がどのくらい減った状態で骨折がおこるか、によります。 WHO(世界保健機構)では、1994年に骨粗鬆症の診断基準を決めました。

20~40歳の骨の平均から-2.5SD(標準偏差)以下になったものを骨粗鬆症として、骨折の危険ありとしたものです。

日本では、SDという単位が分かりにくいということで、1996年にパーセントを使った新しい診断基準をつくりました。 それは若いとき(20~44歳)の平均骨量の20%減少までは正常、20~30%を骨量減少、30%以上の減少を骨粗鬆症と診断するというものです。

骨粗鬆症になると骨折を起こしやすくなり、その意味では30%以上骨量が減ると危険な状態といえます。なお、すでに骨折(外傷性以外の骨折)がある場合は、20%以上の骨量減少で骨粗鬆症と診断します。また、痛みがなくても背が1年間に1cm 以上短縮した場合は骨量を測定する必要があります。

原発性骨粗鬆症の診断基準(2000年度改訂版)
低骨量をきたす骨粗鬆症以外の疾患または続発性骨粗鬆症を認めず、骨評価の結果が下記の条件を満たす場合、原発性骨粗鬆症と診断する。

1.脆弱性骨折あり
脆弱性骨折:低骨量(骨密度がYAMの80%未満、あるいは脊椎X線像で骨粗鬆化がある場合)が原因で、軽微な外力によって発生した非外傷性骨折。骨折部位は脊椎、大腿骨頸部、橈骨遠位端、その他。

2.脆弱性骨折なし

  骨密度値(注1) 脊椎X線像での 骨粗鬆化(注2)
正常 YAMの80%以上 なし
骨量減少 YAMの70%以上 80%未満 疑いあり
骨粗鬆症 YAMの70%未満 あり
YAM:若年成人平均値(20-44歳)

(注1)
骨密度は原則として腰椎骨密度とする。ただし、高齢者において、脊椎変形などのために腰椎骨密度の測定が適当でないと判断される場合には大腿骨頸部骨密度とする。これらの測定が困難な場合は橈骨、第二中手骨、踵骨の骨密度を用いる。
(注2)
脊椎X線像での骨粗鬆化の評価は、従来の骨萎縮度判定基準を参考にして行う。


53歳ですが、保健所の検診であなたの骨は70歳代といわれショックです。

「あなたの血圧は70歳代です」という言い方はありません。骨量についてもこのような言い方は誤解を与えるもとになります。検診で70歳代と言われたのに、精密な骨量測定装置のある病院へ行って測ったら、そうでもなかったということもあります。

骨量には大きな個人差があって、50歳の人が50-100とすると、70歳の人は40-90というように数値の重なり合いがあり、50-90の範囲はどちらにも見られますから、骨量だけで年齢を当てることはできません。

ただ、このように言ってあなたにショックを与え、これから一所懸命予防や治療に努めてもらいたいという親切心から出た言葉なのでしょう。

骨粗鬆症の薬はいろいろあり、またカルシウムをたっぷりとったり運動を続けることによって、骨量が増え、骨も丈夫になりますから、これをよいきっかけにしてください。

このページのTOPへ